産毛を剃ると毛穴が目立つ気がしませんか?

毛穴産毛

 

顔の産毛って気になりますよね。
とくに口周りの産毛は意外と目立つもの。

 

そのため定期的に顔の産毛を剃っている人も多いのではないでしょうか?

 

産毛を剃ると肌がパッと明るくなったり、化粧のりが良くなりますが、カミソリで肌に負担がかかり肌トラブルをおこす可能性があります。

 

また、産毛を剃ることによって毛穴が目立ってしまうこともあるので注意が必要です。

 

このサイトでは、産毛を剃ると毛穴が目立ってしまう原因と、そもそも毛穴の役割りは何なのか?についてご紹介します。

産毛の役割りとは?

産毛に役割なんてあるの?と思っている方もいるかもしれませんが、産毛はお肌を守ってくれる役割りもあります。

 

そんな産毛の働きをご紹介します。

 

産毛は外部刺激からお肌を守る

産毛はホコリや排気ガス、花粉など、外部刺激からお肌を守ってくれます。

 

産毛がないと、外部刺激がお肌にダイレクトに伝わり、痒みや赤み、しっしんなどの肌トラブルを引き起こすことがあります。

 

 

紫外線をカット

産毛が全ての紫外線をカットしてくれるわけではありませんが、産毛があることで紫外線をある程度防いでくれます。

 

そのため産毛剃りをした後の肌は、より紫外線の影響を受けやすい状態といえます。
紫外線はシミやシワの原因となるので、少しでも紫外線をカットしてくれる産毛の存在はありがたいですよね。

 

 

肌の潤いを保つ

顔に産毛があると、肌表面から水分が蒸発してしまうのを抑えてくれます。
そのため、産毛がない状態に比べて、肌に水分が保持されやすくなります。

 

乾燥肌は、シワや大人ニキビ、毛穴の開きなど肌トラブルの原因になるので、その点でも産毛は大切。

 

 

毛穴を掃除してくれる

意外と知られていませんが、産毛も他の毛と同じように2〜3か月で生え変わります。
産毛が自然と抜けるとき、毛穴に詰まっていた老廃物や汚れが一緒に落ちます。

 

そのため、産毛が生え変わるタイミングで毛穴の掃除もしてくれるのです。

 

産毛剃りをすると毛穴が目立つのはなぜか?

産毛の疑問
顔の産毛にはきちんとした役割りがあり、大切なものということがわかっていただけたかと思います。

 

とはいっても、顔の産毛は気になりますよね。

 

ここでは、産毛剃りをすると毛穴が大きく見えてしまう原因に関してご紹介します。

 

カミソリで毛穴を剃る場合、専用のものを使っていますが?
女性の肌はとてもデリケートなので、専用のものを使わないと肌を傷つけてしまう可能性があります。

 

なぜかというと、産毛をカミソリで剃る場合、産毛と一緒に肌表面の角質も一緒にそり落としてしまう可能性があるからです。

 

角質は肌のきめを整える重要な場所です。
角質に傷がつくと、肌のバリア機能が壊され乾燥や肌荒れしやすくなります。

 

それだけでなく、毛穴の代謝が悪くなり、古い角質などの汚れが溜まりやすくなります。

 

間違った産毛剃りを繰り返すと、毛穴の汚れが溜まったり、産毛も毛穴に巻き込まれ、毛穴が黒ずんで見えます。

 

その結果、毛穴が目立ってしまうのです。

 

顔の産毛を剃ることが一概に良くないというわけではありません。
産毛を剃ることで毛穴が広がるというわけでもないんです。

 

問題は産毛の剃り方とアフターケアの問題です。

 

正しい産毛の剃り方に関しては、カミソリで有名な貝印さんのHPがわかりやすいので参考にしてみてください。

 

貝印さんのサイトはコチラ

産毛と毛穴の関係まとめ※産毛は肌のお守り

産毛は肌のお守り

 

産毛があると、顔色がくすんで見えたり、化粧乗りが悪くなるとデメリットから、定期的に産毛を剃ったり抜いたりしている人も多いと思います。

 

しかし産毛には産毛の役割があります。

 

間違った方法で産毛を剃ったり、産毛を抜くことを繰り返していると、肌の角質にダメージを与え、乾燥肌になったり、毛穴が目立つ原因になります。

 

 

でもどうしても気になる・・・
という人は、カミソリで剃ったり、抜くのではなく、スキンケアしながら産毛ケアができるクリームがおすすめです。

 

使ってすぐに産毛がなくなるといった即効性はありませんが、使っていくうちに産毛が細くなり目立たなくなります。

 

また習慣的に産毛を剃っていて、肌の乾燥が気になる人は、もしかしたら間違った産毛剃りが原因かもしれません。

 

私も産毛ケアクリームを使い始めて口周りがワントーン明るくなり、肌のきめが整った感じがします。

 

気になる方は一度チェックしてみてください。

 

関連サイト:ノイススキンケアクリームは毛穴に効果があるのか?

ページの先頭へ戻る